TT's ぶぅログ

吃音(きつおん)や趣味のKpop、海外旅行、コーヒーを中心に好きなことを書き綴りますぜ。

【君との幸せMemories】TWICE DOME TOUR 2019 #Dreamday 東京ドーム公演 ライブレポ

f:id:TT_stutter_stammer:20190330165552j:plain

いつか東京ドームでライブがしたいです!

-TWICE一同

 

日本デビューの時に放ったこの言葉から約2年。

 

凄まじいスピードで東京ドーム公演を実現させてしまったTWICE

 

正直とても驚きました。

 

まさかこんな早くにドーム公演、しかもドームツアーを行い、チケットを完売させるほど人気と実力を兼ね備えたのグループになっていたとは。

 

いまこのブログを見てくださっているONCEの皆さんも同じ気持ちなのではないでしょうか。

 

今振り替えると、日本デビューから今回の東京ドーム公演までは本当にあっという間でしたね。

 

赤パジャマ 青パジャマ 黄パジャマ×3 うわぁ~~~!

-ユ・ジョンヨン

 

ジョンヨンが謎に早口言葉を披露して日本のONCEを沸かせていたのが遠い昔のことのよう。

 

この早口言葉を披露したのは、2017年の7月2日に行われた『TWICE DEBUT SHOWCASE "Touchdown in JAPAN"』。

 

あのデビューショーケースからたった1年と8ヶ月ほどしかたっていないのですが、彼女らにとってこの約2年間は非常に凝縮されたもので、ひとつひとつのステージで少しずつ、少しずつ成長してきたのでしょう。

 

そんな彼女らの成長を陰ながら見届けてきた我々ONCEにとって、そして何よりデビューから全力でひた向きに走ってきたTWICE本人たちにとって、今回の東京ドーム公演及び『TWICE DOME TOUR 2019 #Dreamday』 は非常に感慨深いものであったと思います。

 

今回は、幸運にも『TWICE DOME TOUR 2019 #Dreamday』の東京ドーム公演DAY1に参戦し、WOWOWでDAY2を見ていた筆者から、当ライブのライブレポをお伝えしたいと思います!

 

忘れないうちに「君との幸せMemories」を整理しないと気がすまないというか、この感動を分かち合いたいという気持ちの元書いているので、ドーム公演に参加した方や惜しくも参加出来なかった方にぜひ読んで頂きたいです!

 

(メンバーのコメントは100%正しいわけではありません)

 

 

 

東京ドームまでの道のり

今回のドームツアーでは、TWICEの日本デビューから今までの集大成として今まで発表してきた日本語曲を余すところなく披露しましたね。

 

ステージ構成としては、「One More Timeの頃の小さな会場(小スクリーン)から段々と大きなコンサート会場(74mの巨大スクリーン)に移っていく流れを表現しました」とミナが言っていました。

 

前は見る側だったんですけど、今こうして東京ドームのステージに立てていることが夢みたいです。

-ミナ ミョウイ

 

初めて来たんですけど、ほんまに大きくてビックリしてます。

-サナ ミナトザキ

 

この言葉を頼りにTWICEの過去を振り返ってみると、最初に行われた『TWICE SHOWCASE LIVETOUR 2018Candy Pop』は収容人数約3000人の会場を回る小さい規模のコンサートでしたね。

 

時系列はずれますが、TGCやT-Spook(お台場でのハロウィーンイベント)、アリーナ公演、そして幾度のハイタッチ会を通して地道に活動を続けた結果、東京ドームという夢の舞台にたどり着いたのです。

 

その過程を改めて思い返すと非常に感慨深いものがあります。。。

 

「東京ドーム公演を実現させるほど大きな、そしてみんなから愛されるグループになったんだなぁ」

 

と勝手に保護者目線で感動してしまうONCEの方々も多いと思います。笑

 

日本での活動の一つの集大成として、今回の東京ドーム公演はTWICEとONCEにとってかけがえのないものになったのではないでしょうか。

 

 

夢のステージが開幕

f:id:TT_stutter_stammer:20190331160914p:plain

引用:excite ニュース/ 撮影:田中聖太郎

 

ライブ開演前。四方を幕に覆われた中央のサブステージに異様な雰囲気が漂う。

 

そして世紀の午後6時00分。会場のライトが暗転し、メインステージのスクリーンから映像が流れ始める。メインステージからライブが始まるんだろうなぁと誰もが思ったことだろう。

 

その瞬間。中央サブステージの幕が一斉に降ろされ、輝かしい衣装に身を包んだTWICE9人の姿が露わに。

 

六角形のサブステージは徐々にせり上がり、地上との距離を遠ざけていく。

 

『友達じゃもういられない♪』

 

ナヨンの歌いだしから日本デビュー曲であるOne More Timeの演奏が始まり、ついに東京ドームの地でTWICEとONCEの夢のコンサートが幕を開ける。

 

そこから先はあまり覚えていません。笑笑

 

『TWICE SHOWCASE LIVETOUR 2018Candy Pop』に参戦した筆者は、当時同じくオープニングでOne More Timeを歌っていたTWICE9人の姿と東京ドームで堂々と歌い上げる彼女らの姿を重ね合わせしまい、そこで感動の嵐が体の中で沸き起こってしまった。

 

そういう演出だとわかっていても尚、感動してしまう。

 

ついに夢の東京ドーム公演が始まった。。。

 

この瞬間は一生記憶に残るものだと思います。

 

 

小さい頃の夢は?

f:id:TT_stutter_stammer:20190331162711p:plain

引用:excite ニュース/ 撮影:田中聖太郎

『Wake Me Up』を歌い終わり、本日2度目のMCに移る。

 

ツアータイトルが『TWICE DOME TOUR 2019 #Dreamday』ということで、メンバーの小さい頃の夢について聞いていくことに。

 

DAY1: ツウィに小さい頃の夢をインタビュー

 

わんちゃんと一緒に過ごすことです。

-チョウ・ツウィ

 

 
 
 
View this post on Instagram

TWICEさん(@twicetagram)がシェアした投稿 -

愛犬グッチと幸せに過ごせているので夢がかなったと言ってもいいでしょう!

 

それにしてもツウィとグッチは顔が似ている気がします。笑

 

あともう1人、ジヒョ(恐らく)に聞いて「猫が好きです」と言っていましたね。

 

メンバーの猫と犬についての話が始まったのですが、あまり話が膨らまなかったので詳しくは忘れてしまいました。笑

 

DAY2では、メンバーに夢を聞く側のサナがかみかみで面白かったですね。笑笑

 

あっは、舌回らんw

-サナ ミナトザキ

 

気をを取り直して、「チェヨンちゃんの小さい頃の夢は?」

 

絵を描いたりするのが好きです。歌手やイラストレーターになるのが夢です。

-ソン・チェヨン

 

ライブグッズやPVにもチェヨンの描いた絵が使われているので、半分その夢は叶ったと言ってもいいでしょう。

 

ちなみに、ミナとモモが持っている黒い靴にもチェヨンがお絵かきしてくれたそう。

 

ぜひ見てみたいですね~!!

 

お次はダヒョン。

 

先生になるのが夢でした。何故なら、賢いだから?♡

-キム・ダヒョン

 

豆腐の可愛さここにあり。

 

モモりんから結局自分が賢いって自慢したいだけやんとツッコミをもらっていましたね。笑

 

そして話の流れからダヒョンがカメラに向かって賢い表情を披露することに。

 

賢いかはさておきめちゃめちゃ可愛かったです!

 

お次はミナ。

 

夢はプリンセス。

-ミナ ミョウイ

 

そして恥ずかしくなったのか、夢は何でもいいんですよ、夢に描く私だけの王子様を待ってるんですよ、とおちゃらけて見せました。

 

一通りメンバーの小さい頃の夢を聞き終わると、「はい。それでは次の曲行きましょ~~!」とジョンヨンが言います。

 

「はい。」

 

この一言で全てをなかったことにするユ・ジョンヨン。

 

肝が据わっています。

 

 

TWICEはビジュアルお化け

f:id:TT_stutter_stammer:20190331162848p:plain

引用:excite ニュース/ 撮影:田中聖太郎

 

『What is Love?』でダンサーの方たちと息の合ったダンスを披露した後、TWICEメンバーのドレスアップ&メイクアップの様子を写した映像が流れました。

 

化粧室でカメラを見つめるあの表情に、誰もがハートを撃ち抜かれたことでしょう。

 

ティーカップに口付けするジヒョ。前髪を直すミナ。

 

そして両肩を大胆に露出し、黒のシックなドレスを身にまとったチェヨンが真っ赤なソファーに腰掛け、足を組みながらカメラを見つめるシーンにはやられました。

 

筆者はチェヨンペンなのでハッキリと覚えています。笑

 

改めて思う。みんな美し過ぎる。

 

しかし、こんな美しい映像をしっかりと見ることができたのはステージ正面のブロックの方々だけだと思います。

 

3塁側と1塁側のブロックで、ステージに限りなく近い席のONCEさん(筆者含む)はほとんどこの素晴らしい映像を堪能出来なかったでしょう。

 

筆者は2日目にWOWOWを通してライブを見ていたので映像を楽しむことができましたが、1日目に参戦したときに見えた景色はこんな感じ⇩

f:id:TT_stutter_stammer:20190331110724j:plain

 画像の下側、ほぼ180°の位置からスクリーンを見ているような感じ。

 

なのでそこから見えたTWICEメンバーの顔は、芸術的な絵画に登場する個性的な顔立ちをした女性に近いものでした。

f:id:TT_stutter_stammer:20190331110734j:plain

角度的にこう見えてしまったんですよ~~笑

 

東京ドーム参戦で端からスクリーンを眺めていたONCEさん。どうか共感して下さい…。

 

当ライブで唯一残念なポイントを挙げるとしたら、角度がきつすぎてスクリーンの映像をほとんど見れなかったことですかね。

 

 

ジョンヨンやらかし事件

f:id:TT_stutter_stammer:20190331163500p:plain

 引用:TWICE公式Twitter

 

いやぁ~~BDZの演出には痺れましたね、、、

 

『Let's go !! Let's go !!』の掛け声と共にスクリーンの壁が段々と崩れていき、ステージの奥からTWICEメンバーを乗せた巨大ラブリが登場。

 

暫くの間沈黙が続き、ツウィが「Like a bulldozer !!! like a tank like a soldier !!!」と力強く自身に満ちた歌声で静寂を破ると、会場のボルテージは一気にヒートアップ。

 

ジョンヨン「ワンスぅ~~~!声が小さい!!」

 

会場「うわぁ~$#$$##$%&*…!!!」

 

ナヨン「Like a bulldozer !!!」

 

会場「HEY!!!」

 

ナヨン「Like a tank like a soldier !!!」

 

会場「Let's go !! Let's go !!」

 

東京ドームぅ~~!東京ドームぅ~~~!!行くよぉ~~~!!!!

-ユ・ジョンヨン

 

会場「きゃ~~~!!」「うわぁ~~!!」「うぉ~~~!!」

 

まさにガールクラッシュ、ユ・ジョンヨンの魅力が炸裂した瞬間でしたね。。。

 

そして勢いそのままにBDZがスタート。

 

モモ「こんな気持ちは初めて 大事件だよ♪」

 

ジョンヨン「…………、ドッキ止まらな~ぁい OH NO~~!」

 

会場「ジョンヨンやったなぁ~~笑笑」

 

先ほどの「東京ドーム~~!行くよ~~!」で自身最大の見せ場が終わって安心したのか、自分のパートをすっぽかしてひたすら遠くを見つめていた所を大画面のスクリーンに映し出されるという事件

 

すぐに自分のパートを途中から歌い始めましたが、まるで何事もなかったかのように歌い上げたので、「あれ?ここジョンヨンのパートじゃないのかぁ。」と思ったくらい。

 

一見クールに見えるガールクラッシュ担当のジョンヨンですが、こうしたおっちょこちょいなところもあって、そのギャップに惹かれるONCEさんも多いはず。

 

ちなみに2日目はしっかり決めてくれましたよ!

 

個人的にあのワイプで抜かれた時のジョンヨンの遠くを見つめる顔をまた見たいので、東京ドーム公演1日目も映像化してほしいです…。

 

こうしたハプニングを見れるのもコンサートならではの魅力。

  

 

サナのキラーパス再来

引用:TWICE公式Twitter

TWICEのデビューショーケースにて、韓国語で歌ってきた曲を日本語で披露したことが新鮮さだと言ったモモに対して、サナが一言。

 

モモちゃんどんな魅力を感じたのかちょっと言ってくれませんか。3つ。3つ。せーーのっ?

-サナ ミナトザキ

 

かなりのパワープレイでモモを困らせたサナ。

 

流石に反省してるかなぁと思いきや今回の東京ドームでもやってくれましたね。笑

 

ライブの中盤。

 

MCの流れから「とぅわーーーいす」という掛け声に合わせて、会場全体でウェーブを作ることに。

 

「とぅわーーーいす」と言いながらメンバー1人がステージの端から端まで走るので、モモが通ったブロックにいる人は、両手で❤️を作りそれを頭上まで高くあげる。

 

それが連鎖的に繋がり会場にハートのウェーブを産み出す作戦!!

 

まずは練習から。

 

モモちゃんやってくれるよな?

-サナ ミナトザキ

 

モモ「タイミングちゃんと言ってな?」

 

「とぅわ~~~~~いす」と練習のウェーブが終わると、

 

ONCEのみんな恥ずかしがってるのか知らんけど、ちょこちょこハートやってない人おったよな?

-サナ ミナトザキ

会場「笑笑」

 

他メンバー「ちょこちょこ。ちょこちょこ。(サナのマネしてる)」

 

そして本番。

 

東京ドームが大きいということで、それに合わせて一番身長の高いメンバーにお願いしようかな?ツウィちゃんよろしく~~てな感じでツウィが半ば強制的にステージの端から端まで走ることに。

 

ツウィ「はい」

 

サナのゴリゴリの関西弁から繰り出される歯に衣着せぬ物言いがまた韓国語を話す時の可愛らしい感じと違っていていいですね!!笑

 

次のツアー公演でもサナのキラーパスを期待したいです。

 

 

韓国語の曲も歌ってくれた

f:id:TT_stutter_stammer:20190331164255p:plain

引用:excite ニュース/ 撮影:田中聖太郎

当ドームツアーでは、日本語の曲だけではなく韓国語の曲も歌ってくれました!

  • The Best Thing I Ever Did
  • SWEET TALKER
  • ONLY YOU

どれも驚きでしたが、中でも『ONLY YOU』が流れたときはビックリ。

 

なんでオンリーノ!!?笑

 

こう思ったONCEさんも多いと思います。

 

アコースティック風なアレンジの効いた『ONLY YOU』はいつにも増して良かった!

 

個人的に『SINGNAL』のアルバムのカップリング曲の中で一番好きな曲なのでとても嬉しかったです。

 

こんだっ こんだっ こんだっ ぶんみょんへ L O V E
콩닥, 콩닥, 콩닥 분명해 L O V E

https://ameblo.jp/0405ky/entry-12275058456.html

 

ジョンヨンって(この頃は特に)リードボーカルの割には貰うラインが少ないと思うのですが、その少ないラインの中でも重要というか、非常に印象的なパートを歌うことが多い気がします(ワンミリの「もくそ~り~ろ AH~~~~」も然り)。

 

ジョンヨンが輝ける歌という意味でも、この『ONLY YOU』を選曲してくださったライブ運営チームの方々には感謝の気持ちでいっぱいです。

 

 

DTNAでテンション爆上げ

当東京ドーム公演のハイライトは?と聞かれたら間違いなく『Dance The Night Away』のステージ演出だと答えます。

 

ありゃ半端なかった、、、

 

ステージ近くのアリーナ席のONCEさんはさぞかしビックリされたことだろうと思います。

 

『Dance The Night Away』が始まる前のダンスブレイクは、MBC歌謡祭などでお馴染みの演出でしたが、実際に大きなステージで踊る彼女らのパフォーマンスを見てみるとその迫力に圧倒されます!

 

あのダンスブレイクに会場も沸きに沸きに沸いた。

 

Dance The Night Awayダンスブレイクはこちら⇩(MBC 2018歌謡大祭典)

このダンスブレイクに加えて、「星のシャワーで」からナヨンのシャウト後の演出が神がかっていました。

 

「星のシャワーで YEAH YEAH」

ッバ~~ンッ…!!!!(花火が打ちあがる音)」

「ピュ~~~(花火)」「ピュ~~~(花火)」

 

夜明けまで踊り狂う勢いでダンスを披露するTWICEメンバー。

 

そしてステージ袖の四つ角からは炎が火炎放射のごとく上部に噴射され、会場のボルテージは最高潮に。

 

もうテンションぶち上げ。

 

「うぁぁぁぁぁぁあぁ~~~!!」

 

叫びました。笑笑

 

楽しい過ぎた~~~、もうこの幸せを会場のONCEさん(筆者のお友達も含め)と共有出来たことが嬉しいし、なによりTWICEの唯一といっていいくらい稀なEDM調の曲で大好きな『Dance The Night Away』をこんなに最高の演出で披露してくれたTWICEや当ライブツアーを企画運営して下さったプロジェクトチームの方々に感謝しきれない。

 

ホントあのままDance The Night Away(夜まで踊り倒)したかったです。笑笑

 

 

アンコール後のTWICEらしさ

f:id:TT_stutter_stammer:20190331163242p:plain

引用:excite ニュース/ 撮影:田中聖太郎

Be as ONE、Wishing、そしてアンコールの日本語メドレー&YES or YESが終わり、遂にお別れの時間が、、、

 

メンバー1人1人が最後に一言ずつ言って最期を締めくくる。

 

1日目はモモとジヒョ(いつも通り涙もろい)が号泣。

 

モモ「ほんとに、9人がいて、9人で、、、(泣)、、9人でこのステージに、、、」

 

9人を連呼。

 

Sixteenで一度はTWICEのメンバーに選ばれなかった時の想いが蘇ってきたのかなぁ、、、

 

TWICEに入ってくれてホントにありがとう!!!

-ONCE一同

 

そして2日目はまさかのサナが号泣。ジヒョはコメントの時に泣かなかったと思いきやその後顔を伏せてひっそりと涙。

 

サナ曰く、普段は面と向かって言えないメンバーへの感謝の気持ちを伝えたかったんだそう。

 

TWICEのみんながいてくれるからこそ、こうして自信を持ってステージに立てる、みんながいてこそのTWICEだと涙ながらに言っていました。

 

WOWOWでライブ配信を見ながら筆者号泣、、、。

 

それはズルいって、、、

 

そんなん泣くに決まってるやん、、、

 

改めてTWICEの絆の強さが垣間見えた瞬間でしたね。

 

終わるまで終わりじゃない

-イム・ナヨン

 

ナヨンが最後に放ったこの言葉の通り、ライブが終わるまで「TWICEらしさ」全開でステージを右往左往に駆け回る!

 

もう無法地帯でしたね。笑笑

 

他のアーティストがどんな感じでライブを終えるのかは分かりませんが、最後の挨拶をしてから10分以上もイチャイチャしたり好き放題やっているのはTWICEだけなのではないかと思ってしまいます。

  • カメラに直接キス(サナ)
  • カメラに愛嬌(みんな)
  • メンバーの頬っぺにキス(サナ&ナヨン)
  • お客さんにテープを渡そうと奮闘(サナ)
  • メンバー(モモ)に水をかける(ジョンヨン)
  • テープで赤い糸を作ってお互いに腕に結ぶ
  • ステージ中央でバレエダンス(ミナ)
  • ステージ中央で側転(モモ&ジョンヨン)
  • ステージ中央で謎のハートポーズ(ナヨン)
  • でんぐり返しの横バージョン(サナ)

とまぁ覚えている限り書きなぐりましたが、こんなに自由奔放に楽しむ姿を見ることができるなんて幸せですね~~

 

時間がオーバーして焦ったのか、ジヒョが最後に一言。

 

モモ、가자(カジャ)!가자(カジャ)!

-パク・ジヒョ

 

好き勝手楽しむモモをリーダージヒョが強制連行。

 

韓国語が飛び出してきたってことは相当焦っていたんでしょうね。笑

 

 

ライブレポのまとめ

f:id:TT_stutter_stammer:20190330165544j:plain

(筆者撮影:顔がもろに分かってしまうので一応加工しましたw)

いかがでしたか?

 

今回は『TWICE DOME TOUR 2019 #Dreamday』の東京ドーム公演に参戦した際のライブレポを書いてみました。

 

まさに夢の東京ドーム公演が実現した2019年3月29日。

 

この東京ドーム公演がスタートだと思って、これからももっともっと頑張ります。

-モモ ヒライ

 

モモのこの言葉を聞くと、TWICEが1/ 1000000(ONE IN A MILLION)のグループとして輝くべくようやくスタートラインに立った、という風に聞こえます。

 

「これからもTWICEを応援していきたい」

 

改めてそう思わせてくれた今回の東京ドーム公演でした。

 

こんな長いライブレポを最後まで読んでくださってホントにありがとうございます。

 

ライブに参戦した方々の感想も聞きたいので、コメントがあればぜひ!