クインダム、MAMAMOOファサがリアクションで見せる表情に惚れた

f:id:TT_stutter_stammer:20191012115056p:plain

クインダムは真の実力No.1を決めるサバイバル番組ですが、私にとって順位は二の次。出演者のパフォーマンスや画面いっぱいに映るリアクションが一番の楽しみなのです。

 

そこでひと際存在感を放っているのがMAMAMOOのファサさん。

 

毎回毎回、味のある表情をして下さるので、気づいた時には彼女がみせる表情に魅了されていました。

 

今回はそんな彼女のリアクションが抜かれた時の豊かな表情について愛を込めて語りたいと思います。

 

*以下からはファサのことを「ファッさん」と呼ぶことにします。パワフルで貫禄すら感じる彼女の歌声とシャイな性格からくるギャップがとても素敵で、どうしても尊敬の念を込めて’さん’付けして呼びたくなるのです。

 

 

 

 ステージへの期待を高める

f:id:TT_stutter_stammer:20191012120718p:plain

こちらはAOAがママムの『Egotistic』をカバーしている時のファッさん。

 

黒髪を煌びやかに掻き揚げながら静かにステージの始まりを告げる。

 

「AOAソンベニム、見せてもらおうじゃないの。」

 

とでも言いたげな表情。こんなに優雅な顔をされたら、そりゃ編集して使わざるを得ない。

 

スタッフさんも「良い編集点を見つけたぞ‼」と両手を上げて喜んでいたに違いない…。それくらい引き込まれる表情だということですw

 

ステージへの期待を一気に高めてくれる、そんな表情である。

 

 

みんなの気持ちを「代弁」

f:id:TT_stutter_stammer:20191012115056p:plain

 LovelyzがBEGさんの『Sixth Sense』をカバーしていた時。

 

ファッさん、驚きを隠せ無い。

 

先ほどの気高く、余裕すら感じさせる表情とはまるで違う。

 

’ファサは驚いているんだな’と視聴者の誰もが思ような表情。それほどまでに眉毛を吊り上げ、目を見開き、口を大きく開ける。

 

「Sixth Senseかぁ~~‼」という選曲に対する驚き、そしてらぶりずの愛らしい雰囲気とは打って変わった力強いパフォーマンスに対する驚き。

 

視聴者の感情をたった一瞬の表情で「代弁」してみせた。

 

 

 相手を素直に認める器の広さ

f:id:TT_stutter_stammer:20191012115040p:plain

OH MY GIRLがLovelyzさんの『Destiny』をカバーした時に見せた表情。

 

「たくさん準備したんだろうね。」

 

スクリーンを食い入るように見つめながら放ったその言葉には、おまごるへの惜しみない称賛と敬意が表れているように思える。

 

クインダムの中では敵であるおまごるに対して闘争心を醸し出しながらも、決して相手への尊敬の念を忘れていないファッさん。カッコよすぎるぜ…。

 

 

ユーモアも忘れない

f:id:TT_stutter_stammer:20191012115123p:plain

(G)I-DLEが2NE1のFireをカバーした時。ミヨンのパートをユーモアを交えてマネするファッさん。

 

歌いながら星を描き、その後は流れるようにカメラがムンビョルさんを捉える。

 

ムンビョル「あ~これ!(★描き中)」

 

つまり、ファッさんは単におちゃらけてみせただけではなく、メンバーのムンビョルに対して間接的にスクリーンタイムを分け与えていたのである。たぶん偶然だろうけど、メンバー同士の仲睦まじい姿が垣間見えた瞬間でした。微笑ましいです…。

 

 

「サイレント・ツッコミ」

f:id:TT_stutter_stammer:20191012120702p:plain

OH MY GIRLのSecret Gardenパフォーマンス時。

 

突如としてアリンパートを気持ちよさそうに歌い始めたフィインに対するファッさんのサイレント・ツッコミ

 

おそらく本人は意識していなかったとは思いますが、無言のツッコミを成し遂げるのは一流の芸人さんでも難しいこと。

 

彼女の横顔から滲み出る不可思議な感情には、なんとも言えない面白さがこみ上げてくる。

 

フィインだけではスベっていたであろう所をファッさんがただ見つめるだけで、それはいとも簡単に笑いに変わったのである。

 

 

 懐かしの情景を想起させる

f:id:TT_stutter_stammer:20191012160352p:plain

 パク・ボムが披露した『YOU And I』に対するリアクション。

 

どこか悲しげで哀愁が漂う彼女の姿は、これから繰り広げられるパクボムのパフォーマンスに馳せる特別な想いから来るものだろう。

 

実際に、この時隣に座っていたフィインに「イントロを聞くだけで中学生に戻ったみたい」と言っていた。

 

それは、各グループがそのイントロに対して放った言葉の真意をすべて凝縮させたような言葉ではないだろうか。

 

ファッさんの言葉と表情は、それぞれの心の中にあるかつてのパク・ボムを明確に想起させる。

 

そして、パク・ボム渾身のステージへ。

 

視聴者の方にとって、パク・ボムに対する過去の記憶と現在の彼女の姿が連結する瞬間は、ファッさんの素晴らしいリアクションによってより鮮明なものとなったのではないか。

 

 

まとめ

クインダムでMAMAMOOのファサが見せる表情に陶酔している筆者がお伝えしました。

 

回を重ねるごとにどんどんと彼女のリアクション、それから表情に心を奪われている自分がいることに気付いたので、その想いを文字に起こしてみました。

 

視聴者の心を「代弁」するような表情や、出演者に時折見せる敬意、そしてユーモアに満ちたリアクションの数々。

 

そのすべてがシャイな彼女の内側から滲み出てくるもののように感じられるので、とても好感が持てます。

 

これからもクインダムの放送は続くので、引き続きファッさんが見せる表情を楽しみにしたいと思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

*画像はすべて『Youtubeチャンネル(Mnet K-POP)』よりスクショ引用。

 

www.domoru-tt.com

www.domoru-tt.com