J-POPとしての東方神起【男性ファンが語る5人のオススメ曲15選】

f:id:TT_stutter_stammer:20190325161958p:plain

引用:ノムノム韓国の反応ブログ

どうもTTです。今回は敢えて5人の頃の東方神起を振り返ってみたいと思います。

 

この前Youtubeを見ているときのこと、オススメ動画にゴスペラーズと東方神起が一緒にあの名曲『永遠に』を歌っているのを見たんですよ。そしたらもう感動しちゃって涙が…。

 

これです(ぜひ見て下さい)⇩

もちろん歌唱も物凄く素敵なんですけど、それ以前に東方神起って韓国発のグループなのに日本のテレビ番組やこうしたコンサートに出演してお茶の間に浸透してきたことを考えると、本当に尊敬するし長年の努力が実を結んだグループなんだなぁって改めて思います。

 

これを機に久しぶりに東方神起の5人の頃の曲を聞いて、そこで沸き起こった感動を何処かにぶつけたかったので、こうして自身のブログに綴ることにしました。笑

 

現在のトンペン界隈では5人の頃の東方神起を引き合いに出すことが何かと憚られるらしい(ライブで隣りに座ったおば様曰く)のですが、5人の頃のあの名曲達にはなんの罪もありません

 

新旧トンペンの方、そして東方神起を知らない全国の男性の方々!!(男性といったのは、東方神起の男性ファンがかなり少ないと思うからです…。)

 

東方神起の音楽をK-POPという音楽の枠に入れないで、ぜひフラットな目で見て、そして耳で聞いてみて下さい!

 

それでは、数少ないナムジャトンペン(男性の東方神起ファン)である筆者が独断と偏見でオススメ曲ベスト15をお伝えしていきますよ!(順序不同)

 

 

 

 

東方神起と言えばこの曲

『東方神起/ Mirotic (呪文) Japanese-ver

東方神起史上最も人気な曲だと思います。伝説の曲。

 

韓国版では歌詞の内容がエロ過ぎて、韓国政府から害のあるコンテンツだということで裁判沙汰になったとか、、、

 

詳しく知りたい方はこちらの記事から→『韓国で有害指定を受けた東方神起『呪文MIROTIC』歌詞の意味 – トンペンブログ『東方神起の部屋』

 

とにかく、しなやかなダンスとセクシーな歌声が最高にカッコイイ曲です!!

 

何と言ってもチャンミンのシャウトが曲にマッチしている。チャンミンスクリームが炸裂します!!!

 

髪型は一人一人の顔やスタイルにビタッと合わせてくるし、衣装は露出多めで締まったバディを見せてくるし、そりゃみんな溺れてくわ!

 

まさに東方神起の黄金期。

 

筆者が女性だったサセンになってたかも(それはないです、さーせん。笑)

 

さぁつまらない冗談は置いておいて次へいきましょう!

 

 

セクシーなダンスチューン

『東方神起/Choosey Lover』

今すぐ踊りだしたくなるような曲(踊れないけど…。)

 

 『しぃなぁ~やかっ、な!ムーブ』そして最後の『wow wow yeah~~~!!』

 

ジュンスのハスキーで甘い声が大好きな曲。Choosey Loverはもはやジュンスの曲と言っても過言ではないと思います。笑

 

そしてユノの帽子を使ったダンスは彼の憧れのマイケルジャクソンを彷彿とさせます!

 

こんなイケメソ方達みたいに歌って踊れたら、クラブやディスコは全く好きではないですけど毎週通い詰めますね。

 

 

紅白歌合戦で紫の閃光を放つ

『東方神起/ Purple Line』

懐かしぃ~~~!!

 

東方神起の大ヒットナンバーPurple Line

 

ビル群がスピーカーに変身していく演出が印象的なMVで、確かなんかの車のCMに使われていたと思います。

 

聞いていた当時はまだ小学校か中学校の頃で、冒頭のユチョンの英語ラップが何言ってんのか全くわからなかったのですが、雰囲気カッコイイなぁと思ってました。笑

 

記憶があいまいなのですが、Purple Lineって上のMV以外にももう1つ「全体的にやや声が高いバージョン」ありませんでしたか?

 

ジェジュンの最初の『触れることさえ出来ないで』が異常に高かったのを覚えているのですが、、、もし分かる方がいたら教えていただきたいです!

 

筆者のオススメポイントは、コンサートのPurple Lineで冒頭のラップをキレ気味に(聞こえる)歌うユチョン

 

こんな感じ⇩

 

Now I see this way!(怒)

 

it's looks like purple line.

 

Gotta introduce myself 

 

パプア!!!→『え~い×6』

f:id:TT_stutter_stammer:20190325182758p:plain

引用:パプアニューギニアの国旗ーWikipedia

観客『とー!ほー!しん!き!』

ジェジュン『触れることさえ出来ないで♪』

 

コンサートのユチョンは基本面白い(カッコ良い)ので必見です!

当ライブはa-nation。

 

ホームではないのでユチョン節は息をひそめています。笑笑 

 

*ユチョンペンの方へ、 決してdisってる訳ではないことをご理解下さい。全ては彼への敬意からです。

 

 

殻を破り感じる疾走感

『東方神起/ Break up the shell』

アラビアンテイストのメロディーに乗せて一気に歌い上げ、3分があっという間に感じるくらいスピード感のある曲

 

こちらもまたほぼジュンスの曲で筆者が大好きな曲です。

 

最初のシャウトからサビまでジュンスの圧倒的な声量がとにかく目立つ!

 

ジュンスの冒頭『Yeah~~~~~~~~~~~!!』のところが聞きた過ぎて何回もリピーターしたのを覚えています。笑

 

そーいえば、2人体制の東方神起もこの『Break up the shell』という曲を歌ってくれましたね!出だしのシャウトはユノで『Wooooooow!!!』と歌っていました。

 

どちらのBreak up the shellも魅力的ですよ!

 

【おまけ】ユノ・チャンミンバージョンはこちらです⇩

 

 

Mステで初披露した曲

『東方神起/ Survivor』

このSurvivorという曲を引っさげて、先輩のBoAさんと一緒にMステに出演しています!

 

リアルタイムでは見ていなかったのですが、この前突然Youtubeのオススメ動画に上がってきたので見てみました!

 

生歌でしかも踊りながら完璧なステージを披露。痺れます。

 

ところで、Survivorといったらユチョン節。

 

『君がいれゔぁぁぁぁぁ~~~~!!』

『忘れかけたぉぁぁぁぁ~~~~~~!!』

 

f:id:TT_stutter_stammer:20190325124446p:plain

引用:NAVER まとめ

千鳥ノブさんにツッコミを入れられるレベルの癖の強さだと思います。笑笑

 

クセがすご過ぎてもはや癖になってしまうユチョン節。大好きです!!

 

 

夏といえばこの曲!!

『東方神起/ Summer Dream』

夏の熱い日差しを求めて外に飛び出してくなる、そんな気分にさせてくれる夏の爽やかソングです!

 

この曲はライブでもかなり盛り上がります。

 

『ウォ~オ、ウォ~オ』という部分で両手を左右に動かす楽しい振り付けがあるんですよ~~

 

2人体制の現在の東方神起のコンサートでも歌い継がれている名曲です!

 

生きるのは試すことと同じ意味を持つのさ

 

さり気なく歌ってますが、ことの核心をついた良い言葉だと思います。

 

いまこの瞬間にも私たちは何かを試していて、同時に命を燃やしている。その限られた人生の時間の中でチェレンジし続けることが如何に大事か。分かっていていも実行に移すのはなかなか難しいですよね。

 

 

自分探しに行きたくなる曲

『東方神起/ Share The World』

ワンピースの挿入歌にもなった東方神起の中でも知名度の高い名曲。

 

筆者は当時ワンピースを見ていたのがきっかけでこの『Share The World』という曲を知り、それを機に東方神起の曲を聴き始めました。

 

「東方神起めちゃめちゃカッコ良いやん!!」

 

しかし、それから一年も経たない内に衝撃の解散宣言。

 

「うわぁ、、、まじか。」

 

ホントに悲しかったですね。。。

 

さて話をShare The Worldに戻しましょう。 

 

今思えば水中でメンバーがカクカク泳いでるシーンはなかなかシュールです。笑

 

いやぁ~~とにかくジェジュンがイケイケ過ぎて困りますね。

 

センターで歌ってるしサビの部分も多かったので最初はジェジュンが東方神起のリーダーかと思ったくらい。

 

 『あの大空に~~』といったら東方神起よりもジェジュンの顔が思い浮かぶくらい彼の圧倒的な存在感を感じられるMVだと思います。

 

この曲を聞くとどこかに旅したくなる!!

 

 

 

1歩ずつ前に踏み出す勇気

『東方神起/ Step by Step』

公園で踊ったり、撮影用の緑シートやただの茶色い壁をバックに歌うだけというスーパーシンプルなMV

 

TWICEやBTSなどの今をときめくK-POPアイドルのMVだとかなり演出や服装に凝ったものが多く、それに伴って撮影費用も相当な額になるとは思いますが、こちらのMVは低予算なので事務所の財布に優しい。笑

 

調べてみてわかったのですが、こちらのロケ地は横浜にある臨港パークという場所らしいです(まりこさんの記事『東方神起ゆかりの地めぐり横浜編② TONEロケ地・他 | 東方の神が起き上がる瞬間』を参考にしました。ありがとうございます。)

 

f:id:TT_stutter_stammer:20190324174308p:plain

引用:横浜市港湾局 海辺のひろば

うわ、ホンマや…!!

 

横浜に行く際はぜひお立ち寄り下さい!

 

あと、個人的にこの曲を聞くと小さい頃に家族とディズニーランドに行った時のことを思い出します。

 

長~~い待ち時間にウォークマンに入れておいた音楽を聞こうと思ったのですが、ディズニーのあのファンタジーの世界を壊したくなかったのでかなり曲を厳選してたのをいまでも覚えています。

 

その中の選ばれた曲がこちらのStep by Stepでした。笑

 

元気をもらえるポップな曲です!!

 

 

空に2人の明るい未来を描く

『東方神起/ Kiss The Baby Sky』

 作詞作曲がユチョンでユチョンの曲と言っても過言ではないと思います。

 

もう君との関係は終わってしまったけど、空というキャンバスに君の明るい未来を描くよ、こんなメッセージ性があるようにを感じます。

 

光をいっぱいに取り込んだアトリエ。

 

青空を描いたキャンバスを背景に5人が爽やかに歌い上げます。

 

Another day 目覚めて

 

筆者はここのジュンスのパートが大好きです。

 

ちなみに、いつも仲良くさせて頂いているブロガー仲間のミジュ (id:mijyukorea) さんはユチョンが好きで、この曲を目覚ましのアラームに設定にしているそうです。笑

 

よく晴れた青空の下、この曲と共に日差しを浴びて起床することが出来れば最高ですね!

 

 

 東方神起の韓国デビュー曲

『東方神起/ Hug Japanese-ver』

Hugの日本語バージョンがこれしかYoutubeにあがってませんでした。

 

なぜかアラビア語の字幕が付いていますね。笑

 

アカペラがこんなに上手いグループはなかなかいないのではないのでしょうか。

 

こちらHugという曲は元々韓国語の曲で、韓国の音楽祭で東方神起が一番最初に披露した言わばデビュー曲

 

せっかくなので原曲も載せておきますね!!

 

こっ、これは、、、

Image result for çã äºæ¸ç°

引用: NAVER まとめ

 

歌声が甘過ぎる。。。

 

なんかMVを見てるとこっちが恥ずかしくなるくらい全てが清くて眩しい。

 

みんなこんなに若いのに歌声はこの時から完成してるのか。

 

おじさんもう感動してまうって。

 

(10代の美青年たちに『おじさん』という表現を使うと得体のしれぬ気持ち悪さが出てきてしまうような気が、、、)

 

言うてもまだ筆者は20代に入ったばかりなのでお許しくださいませ!笑笑

 

東方神起のデビュー曲『Hug』。ぜひぜひ聞いていただきたい1曲です!!

 

 

 

切ない恋のバラード

『東方神起/ TAXI』

君の未来壊さない限り この想いを叶えることはできないよ

 

感情をむき出しにして情熱的に歌い上げるユチョンに痺れます…。

 

いや5人とも歌うま過ぎて、、、

 

ライトに反射されて輝きを放つほど大量の汗を垂れ流しながら熱唱する5人の姿には本当に感動させられます。

 

マジで5人の時にもコンサート行っておきたかった~~(5億回ほど思ってるが言っても仕方ない、、、)

 

 

大切な人への素直な気持ち

『東方神起/ 時ヲ止メテ』

 

いつか君が行きたがっていた

あの店はもうなくなってしまったけど

 

時ヲ止メテ ずっと君のそばにいたい

 

永遠だけ 信じてた

 

めちゃめちゃ切ない、、、

 

愛する女性に先立たれてしまった男性の行き場のない感情を歌にしているのではないでしょうか。

 

恐らくあのプラネタリウムの空間は黄泉への入口。

 

彼女が席に着きこの世から去ろうとした次の瞬間、

 

投影する機械が動き出し、東方神起の5人が『時ヲ止メテ』そこから少しの間彼女との想い出が再起されます。

 

その中で結婚指輪をプレゼントして、本当ならもうすぐ結婚するはずだったのでしょう…。

 

「なにこれ悲しすぎ (;´Д`)」

 

そのはずが気づけば彼女は先に逝ってしまい、プラネタリウムの席に座りながらその指輪を見つめている。

 

『時ヲ止メテ ずっと君のそばにいたい』必死の想いも虚しくプラネタリウムの投影時間は曲の終わりとともに終了。

 

久々にじっくり聞きながら歌詞の意味について考え込んでしまいました。笑

 

小さい頃は歌詞やMVの意味なんてほとんど気にしてなかったので、改めて考えてみると本当に良い曲だなぁと思います。

 

ブログを書きながら泣いちゃいましたよ…。ホント涙腺がゆるくて困ります。

 

 

歓喜の歌で舞い上がれ

『東方神起/ Bolero』

5人の歌唱力をこれでもかと見せつける極上のバラード曲

 

東方神起さんの楽曲の中で1,2を争うくらい好きな曲です。

 

もしも飢えで死にそうな時は這いつくばってでもこの教会にたどり着いて、最後に『Bolero』を聴きながら天に召されたい(どっかのアニメ風)、そのくらい大好きな曲。

 

ライブだと魅力もさらに増します。

 

「ユチョン癖が強い!」「ジェジュン最後のため長過ぎ!」

 

といった声も見受けられますが(事実ですw)、それを凌駕するくらい大きな感動を与えてくれると思います!!

 

Bolero Live-Ver⇩

 誰でも一聴の価値あり。

 

 

冷え切った心に温もりを

『東方神起/ Love in the Ice』

凍ってしまった心を溶かしその中に温もりを感じさせてくれる、何かに深く落ち込んだ時に聞きたい曲です。

 

『Hah hah hah ahh ahh』 という5人が創り出した美しい旋律から曲が始まり、最後はその旋律で静かに終わりを迎える。

 

曲の終盤でそれぞれメンバーがジュンスと歌声を掛け合わせるパートがこのLove in the Iceという曲の最大の魅力だと思います!

 

苦しいほどに 強く感じあえる人の温もり

 

切ないほど 美しい愛だから

儚いほど 麗しいこの時を

 

歌詞がとても素敵です、、、

 

 

 

明日への希望を貰うバラード

『東方神起/ 明日は来るから』

ワンピースのエンディング曲にもなった曲です。

 

やはりジュンスの『はるかなぁ~~~♪』と情熱的でありながらも丁寧に歌い上げる所が印象的。

 

ピアノが中心のとてもシンプルな演奏なので、東方神起5人の奏でる綺麗なハーモニーが際立ちます。

 

【明日は来るから/ ワンピースのエンディングバージョン⇩】

歌詞が当時のロビンの心境ととてもマッチしていたと思います。

ただ 伝えたいことがうまく言えなくて

迷いながら さがしながら 生きてた

今 ひとつの光を 見つけた気がして

追いかければ 逃げてゆく 未来は落ち着かない 

ひとつの光ってのはルフィたちのことではないでしょうか。

 

『ただ伝えたいことが うまく言えなくて』

 

あの時、今まで素直に言えなかった言葉が堰を切ったようにロビンの口から出て来たんですね。

f:id:TT_stutter_stammer:20190325150632p:plain

引用:漫画ネタバレ感想ブログ  ©尾田栄一郎『ONE PIECE』

ワンピースみたいに大事な仲間が人質に取られて、その仲間を取り返しに行くという壮大なストーリーは私たちにはほとんど起こりえないことかもしれませんが、言いたくても上手く言えないもどかしさは誰にでもあることなのではないでしょうか。

 

それが心理的に言葉に詰まることであれ、言語障害で物理的に憚られることであれ、『ただ伝えたいことが うまく言えなくて』という歌詞はその両方の価値観に通ずる部分があると思います。

 

筆者は吃音持ちで伝えたいことがうまく言えないことも多いので、この『明日は来るから』という歌には特別に強い気持ちを通わせています。

 

改めて感じる、素敵な歌詞です。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

 

20代前半の男性ファンである筆者が東方神起の5人体制時のオススメ曲について記事を書いてみました。

 

東方神起が5人で活動していたときにはまだおチビだった筆者は、リアルタイムで彼らの活動を昔から応援してきたファンの方達のようなガチファンというわけではないので、よりフラットな目線で彼らの音楽を紹介できたと思っています。

 

こうして彼らの音楽を振り返ってみると、しっとりしたバラードから激しいダンスナンバーまでホントに幅広いジャンルの楽曲を自分たちのものにしていて、その全てが彼らの努力や実力によって裏打ちされたものであることを改めて感じることが出来ました。

 

今となっては色々な事情があって、5人の頃の映像は地上波で流れることはまずないので、5人時代の曲がいまの日本に知れ渡る可能性はかなり低いと思います。

 

東方神起のファンの方も含めて、少しでも多くの方に彼らの音楽を知っていただきたい、というか知らないのはホントに勿体無い!と思ったのが本記事を書いたきっかけでもあります。

 

東方神起の1人のファンとして、彼らのJ-POPとしての良さを皆様に少しでもお伝えすることが出来たのなら嬉しい限りです。

 

かなり長い記事になってしまいましたが、ここまで読んでくださった読者の皆様、本当にありがとうございます。

 

最後に、せーーのっ、We are? T~~!!!