TT's ぶぅログ

吃音(きつおん)や趣味のKpop、海外旅行、コーヒーを中心に好きなことを書き綴りますぜ。

OH MY GIRLの日本語力が異様に高いのは何故か?徹底分析

f:id:TT_stutter_stammer:20190713150155j:plain
 

今年の1月に待望の日本デビューを果たした韓国発7人組女性グループ、OH MY GIRL!

 

そんな彼女らの魅力のひとつとなるのが日本語能力の高さ。今時流行りの多国籍グループでもなければメンバー全員が生粋の韓国人。にもかかわらず通訳無しで日本のラジオ番組に出演したり、リリイベやライブでも流暢な日本語で観客を楽しませてくれます。

 

でもさ、なんでそんなに日本語が上手いの!??

 

オーストラリアに長期の留学経験があり今でも英語学習に奮闘している筆者は、同じ外国語学習者であるOH MY GIRLさんたちの外国語運用能力に惚れ惚れしています。筆者が外国語系の大学出身ということもあって周りの友人に外国語を学んでいる人が多く、その中でも外国語が上手な人にはどんな特徴があるのだろうかとよく考えを巡らせています。

 

そこでそういった人たちの特徴を分析していると、そのロールモデルとなるのがOH MY GIRLさんだと気づいたのです…!今回はそんな彼女らがどうやって日本語を勉強しているのか、そしてそこから外国語学習者にとって効果的な学習法を導き出したいと思います。

 

これからおまごるの日本語が上手だと何回も褒めちぎりますが、総じてスピーキングとリスニング能力が高いということを指しています。ちなみにミミ先生曰く、メンバー全員がリスニングに関しては問題なく聞き取れるんだそう。

 

 

 

 

OH MY GIRLはいつから日本語を勉強しているのか?

f:id:TT_stutter_stammer:20190713151110p:plain

ヒョジョン

メンバーの中でも特に日本語が上手なミミちゃんとジホちゃんは練習生の時から日本語を勉強している様です。つまり2人の日本語学習歴は少なくとも5年目に突入しているということ。他のメンバーも正確にいつ始めたのかはわかりませんが、デビューしてから少しづつ日本語の勉強をしてきたんだと思います。

 

平均的に4~5年日本語を勉強しているとのことですが、韓国での歌手活動の合間を縫って勉強するのは相当大変だったはず。限りある時間を有効に活用できたからあんなに上手に日本語が話せるんですね。

 

 

「好き」「楽しい」という気持ち

f:id:TT_stutter_stammer:20190713150722p:plain

ミミ 

筆者が外国語を学習する際に最も大事だと思うのが、その語学を学ぶことが「好き」なのか。そして勉強していて「楽しい」のかということ。ホントに初歩的なことですが、このポジティブな気持ちは後々学習へのモチベーションに大きく関わってくると思います。

 

中には会社での昇進や大学での単位が必要だからと外国語の勉強を始める人もいるかとは思いますが、そこでその勉強を「楽しい」と感じるのか、退屈と感じてしまうのか。断然前者の方が勉強に熱が入りますよね!

 

話をOH MY GIRLさんに戻すと、日本語を学習するモチベとして「好き」「楽しい」という感情が根源にあるのではないでしょうか。

 

ミミ先生とも呼ばれているほど日本語が達者なミミちゃんは、毎日日本のテレビ番組やドラマ、映画を見るほど日本の文化が大好きなんだそう。そしてジホちゃんは嵐が大好きだということがファンの間でも有名で、嵐をはじめとした日本の音楽を普段から聞いているといいます。

 

そんな2人に触発されるように周りのメンバーも日本の文化を「楽しみ」ながら日本語の勉強を頑張っていると感じます。

 

OH MY GIRLさんがリリイベの度に毎回ユニークな日本語表現を覚えてきてくれるのは、ドラマや映画を見ている中で「好き」「楽しい」という好奇心からついつい覚えてしまったからなんでしょうねw

 

最新の話だと「陰キャ」「陽キャ」という単語をさらっとMCの中で織り交ぜていたのがすごく印象的でした。そんなカジュアルでしかも割と実用的な単語どこから覚えてくるんだよ!とツッコミたくなります。もしかしたら日本の友人やファンの方から教えてもらったのかもしれませんね。

 

ビニ「陰キャのビニで~~~す!」

 

ミミ「陽キャになりたいミミと申しまぁ~~す!」

 

唐突な陰キャ宣言に会場は大いに盛り上がりましたとさ…w

 

 

外国語の基礎をしっかりと学ぶ

f:id:TT_stutter_stammer:20190713152457p:plain

ユア

どんな学習にも避けては通れない道なのが、一番最初の基礎的な学習。

 

日本語の先生でお馴染みのミミちゃんは、どうやって日本語を勉強したのか?という質問に対して、初めは教科書などで基礎的な文法や単語をしっかりと学んだと答えています。ちなみに他のメンバーも同じだそう。

 

よく海外に行って喋ってる内に話せるようになったよ~とか聞きますが、そういう言葉は全く信用していません。なぜならその過程で必ず基本的な文法や単語を学習しているからです。カッコつけているだけで陰で努力をしているのです…w

 

こうして基礎をの基礎を身につけた上で、OH MY GIRLさんたちは日本の映画やドラマなどを見たり、日本の友人と話したりして日本語能力をブラッシュアップしています。

 

 

アウトプットの鬼

f:id:TT_stutter_stammer:20190713151552p:plain

スンヒ

外国語を学習して身につけた表現を定着させるのに最も効率の良い方法はなにか?と聞かれたら、真っ先にアウトプットが大事だと答えます。

 

とは言っても外国語をしゃべる相手がいなかったり、1人でぶつぶつ呟きながら勉強するのにも限度があったりとアウトプットの機会を得るのは中々簡単なことではありません。もし留学やワーキングホリデーに行ったとしても文法や発音を気にするあまり、話す際に間違いを恐れてしまうことも少なくないと思います。

 

ですが、間違いをした後に復習することが記憶への定着を促すのです。特に外国語学習の場合、ネイティブスピーカーでない限りはその外国語のニュアンスや間の取り方なんて知る由もありません。実際にネイティブの方と対話し、生きた表現をシャワーのように浴びることで、自分が今まで合っていると思っていた表現が実は少しニュアンスの違うものだったと気付いたりします。

 

このようにネイティブの方を通じたアウトプットを無限に繰り返し、自分の外国語を少しづつネイティブのそれに擦り寄せていくことで上手に話せるようになっていくと思います。

 

OH MY GIRLさんの日本語が達者な理由もこれに尽きるのではないでしょうか。彼女らは正式に日本デビューする前からも、日本でのリリイベやライブを通して膨大な量のアウトプットを行っています。

 

MCやラジオ番組での挨拶やエピソードトーク、写真撮影会や握手会などで日本のファンの方と話す機会。そのどれもを日本語でこなすとなると、自然と日本語が口をついて出てくるようになるはず。

 

以下からはそのアウトプットの際に大切なことを言語学の観点から見ていこうと思います。(研究者ではないので参考までに。)

 

 

情意フィルター仮説

f:id:TT_stutter_stammer:20190713150516p:plain

ジホ

 

情意フィルター仮説とは、

感情的な要因がいかに第二言語習得に影響を及ぼすかを説明したもので、「不安」「自信のなさ」「動機付けの弱さ」といったネガティブな感情(情意フィルター)は、第二言語の習得を難しくしてしまうという仮説です。

引用:English Hub

例えば、「間違ってしまうかもしれない」といった不安で外国語を話す意欲が低下してしまうということ。

 

ただ、OH MY GIRLさんに限っては間違いを恐れるなんてことはほとんどないのでは?と感じます。なにしろファンの方はOH MY GIRLさんが喋る日本語を心待ちにしていますし、たとえ少し間違えたとしても、可愛い~~!!となるので、「不安」を感じるどころか安心して日本語を話すことができていると思います。日本語が出てこないとファンの方からファイテン!!と応援されますしw

 

それに「動機づけ」の面からも「好き」で「楽しく」日本語を学習している様なので、動機づけが弱いというよりはむしろ強い学習の動機を持って学習しているといえますね。

 

メンバーの性格や習得レベルによって情意フィルターの高さは変わってきますが、総じて日本語を話すときにネガティブな感情は起こりにくいのではないでしょうか。日本語が得意なメンバーがしっかりとフォロワーしてくれることも大きいのでは。

 

OH MY GIRLさんのような外国語学習者にとっては、このように情意フィルターが低く外国語の学習を妨げる要因が少ないということが重要だと思います。

 

 

インタラクション仮説

f:id:TT_stutter_stammer:20190713152645p:plain

ビニ

『インタラクション仮説(相互交流仮説)』とは、

第二言語習得は対象言語を用いたフェイスtoフェイスの相互交流によって促進されるとする仮説です。

English Hub

このインタラクション仮説で大事にされている概念が「negotiate for meaning(意味の交渉)」というもので、第二言語で誰かと会話をしている最中、相手に言っていることが相手にが伝わらなかったときに話のスピードを緩めたり言い換えたりすることで、意味を理解しようと試みる(交渉する)ことです。この交渉には、相手から正しい表現を教えてもらうフィードバックも含まれます。

 

例えばライブでのMC時。メンバーの日本語表現が独特で観客に伝わりにくい時に、すかさず司会の方がメンバーの表現したい気持ちを汲み取ってくれて、復唱するように正しい日本語を言ってくれるとします。

 

この際、日本語のネイティブスピーカーであるMCがノン・ネイティブスピーカーであるOH MY GIRLさんの間違った表現を正しく言い直す事を言語学の分野では『リキャスト』と言います。この時にあからさまに間違いを指摘しないのもポイント!

 

【リキャストの例 ↓】

 

おまごる「日本語の勉強を難しくてホントに大変です。」

 

MC「日本語の勉強が大変らしいのですが、どこが難しいと感じますか?」

 

おまごる「(日本語の勉強 ”が” なのか)日本語の勉強が難しいのは、、、」

 

といったように、外国語を話す中で自分の足りない部分に気付き、日本語のノン・ネイティブスピーカーであるOH MY GIRLさんが正しく言い直された表現を理解しようと努めることが新たな言語習得に繋がるのです。

 

こうした学習方法が出来るのも、日本語の基礎がしっかりしていて(特にリスニングにはそれほど困らないというから驚き)、日本語が上手くなりたいという動機がはっきりしているからですね!

 

まとめ

f:id:TT_stutter_stammer:20190713151907p:plain

アリン

OH MY GIRLさんの日本語力が高いのはなぜかを自分なりに分析してみました。結果としては、

  • 日本語の勉強が「好き」で「楽しくて」やっている
  • 文法や単語などの基本がしっかりと身についている
  • 日本の映画やドラマを見たりして生きた日本語を学んでいる
  • 日本語学習の妨げになるようなものが少ない
  • 膨大な量のアウトプットを行っている
  • アウトプットを通じて日本語力を上げることができる

どれも本当に基本的なことですが、外国語学習者の中でこの全てに当てはまるのは至難だと思います。現在筆者のように外国語の勉強をされている方やこれから始められる方は、OH MY GIRLさんの勉強方法を参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

御一読ありがとうございましたTT

 

*写真はすべてOH MY GIRL公式Twitterから引用。