Domoru_tt's Blog

吃音(きつおん)や趣味の海外旅行、Kpop、コーヒーを中心に好きなことを書き綴りますぜ。

吃音(どもり)の私は自己紹介が大嫌い!!!

f:id:TT_stutter_stammer:20190116154522p:plain

こんにちは~どうもTTです。

 

タイトル通り吃音持ちの私が、自己紹介が嫌いな理由をお伝えします。

その前に吃音って何?と思った方は以前書いたブログを見ていただけると分かるかと思います!

www.domoru-tt.com

 

 

 

 

 

特定の場面でどもる

以前のブログで吃音の感じ方には個人差があると申し上げましたが、どもるタイミングやシチュエーションも人によって違うようです。

 

 電話する時にどもりやすい。

f:id:TT_stutter_stammer:20190116135210p:plain



 

プレゼンや面接だとどもらない。

f:id:TT_stutter_stammer:20190116135339p:plain



 

お酒が入っているとどもりやすくなる。

f:id:TT_stutter_stammer:20190116135451p:plain



 

と、考えられるだけでこれだけのシチュエーションがあります。

 

 

例えば、私は中学生の頃の国語の時間の音読がとても苦手でした。

 

先生「今日は2月19日だから、出席番号19番の〇〇さん!第一段落目の、また、から丸読みしてくださいね。」

 

私「(うわ~最悪だぁ~、案の定指名された。しかもどもりやすい行からかぁ…。)」

 

こんな感じで、指名される=逃げ場がなくなる

 

といった様な状況では恐怖感や焦燥感が生まれ、結果どもってしまうということが多々ありました。

 

他にも様々な【どもりやすいシチュエーション】はありますが、その傾向は十人十色だと思います。

 

 

 

どもりを避ける

これはいわば【どもりやすい言葉】からあらゆる手段を用いて逸脱することです。

 

主な方法として、個人的に以下の3つを多用します。

1.言いにくい言葉を他の言葉に言い換える

2.知っているのに忘れた振りをする

3.言葉を発する前に(a)フィラーを使う

 

(a)フィラーとは、英語の"Filler"から来た「埋めるもの」の意。会話などでは「あのー」、「ええっとー」など会話の間を埋める言葉を指します。

 

分かりやすく1.の例をあげますね。

コーヒーを注文するときに本当はアイスコーヒーを注文したいのにも関わらず、アイスコーヒーが「どもりやすい言葉」なので、敢えてホットコーヒーを注文する。といった様な感じです。

 

 

名前が言えない

【どもりやすい言葉】は人によって異なると思いますが、その中でも自分の名前が言いにくくて仕方がない、という人は案外多いのではないでしょうか?

 

先ほど、どもりやすい言葉を避ける方法を3つ紹介しました。

1.言いにくい言葉を他の言葉に言い換える

2.知っているのに忘れた振りをする

3.言葉を発する前に(1)フィラーを使う

 

ですが、自分の名前だったら上の3つが有効的な手段と言えるでしょうか。

 

自分の名前は、この世に唯一無二の存在

 

ほとんどの場面では「言い換え」など出来ません。

 

ほとんどといったのは稀に例外が存在するからです。これに関しては次回のブログでお伝えしますね!

 

忘れた振りをする場合も、

 

「あの映画なんだっけ?ほら、あの宇宙でライトセーバーを持って戦うやつ?」

「スターウォーズじゃない?」

「あーそれ!その映画面白いよね!」

 

こちらは十分に通用しますが、

 

「あの~、えっとさ、私の名前何だっけ?」と言う事は出来ませんよね。

 

 

名前を言えずに聞き返す

以前自分の名前を聞かれたときに、苦し紛れに「今なんて言った?」と聞き返したことがありました。

 

決してその質問が聞こえなかった訳ではありません。

 

名前を言おうとした瞬間、「あ、どもるな」と感じたので、どもらず自分の名前を言えるようにもう一度名前を聞いてもらいました。

 

私は、喋り始める時に出来るだけ自分のタイミングで言葉を発することで、幾分かどもる確率を減らすことができると思っています。

 

音読の時間になぜどもるのかと考えたらやはり自分のタイミングで、自分自身の言葉で喋れていないからではないでしょうか。

 

名前を聞かれて返答する時も、個人的には話す相手が自己紹介の時間軸をコントロールしている、と感じてしまいます。

 

なので、そこで一度発生したいわば【どもりやすい空気】をリセットするために「今なんて言った?」と聞き返した、ということです。

 

どもりから何とか逃れようとしましたが結局どもりました(笑)。

 

 

まとめ

自己紹介が苦手な人は吃音の方に関わらずいらっしゃるとは思いますが、吃音当事者の場合には今回ご紹介したような、特殊な悩みが存在します。

 

この記事をきっかけに「吃音を持っているとこんなことが大変なんだぁ」と思っていただけたら世の中を見る目が少し変わるのではないでしょうか。

 

御一読ありがとうございましたTT

 

写真→出典:photo AC