花粉症歴15年のリアルガチな花粉対策【5選】

f:id:TT_stutter_stammer:20190313221212p:plain

春がき~た~、花粉き~た~、ど~こ~に~きた~♪

 

にき~た~、にき~た~、~に~も~来た~~~♪♪

 

皆さんついに花粉シーズン入りしましたね。

 

コンディションの方はどうですか?

 

筆者は毎年耳鼻咽喉科に通っている花粉症重症患者なのですが、今年は花粉の症状が例年と比較にならほどくらい軽い!!

 

今回は今年から新たに始めた花粉症対策も含めて、花粉症歴15年の筆者からオススメの花粉対策を5つお伝えしたいと思います!

 

 

 

 

対策① 薬服用のタイミング

f:id:TT_stutter_stammer:20190313181214p:plain

筆者は毎年春の花粉シーズンになると、1回か2回は耳鼻咽喉科へ行き薬を処方してもらいます。

 

薬の量としては、1ヶ月分から2ヶ月分。

 

薬を飲むのって簡単なようで意外と面倒だったりしません?

 

「朝急いでるから後で!」

 

「だるいから明日飲もう」

 

私も少し前までただ面倒くさいからという理由で薬を適切なタイミングで服用しなかったりしましたが、そんなことをした暁には後で地獄を見ることになります!!笑

 

処方された薬は必ず毎日飲みましょう。

 

さもなければ薬の効果は半減します。

 

以上を踏まえた上で、花粉症の症状が出始める前から薬を服用することをおすすめします。

 

筆者のかかりつけの医院長も

 

「早めの服用が一番よ。」

 

と仰っていました。

 

何故か?

 

それは、花粉症の症状を起こす体内物質の活動を予め薬で抑えることが出来るからです。

 

筆者からは、花粉飛びますよ~!ってニュースが出る前に、薬を飲まれることをおすすめします!

 

 

対策②睡眠は万能薬

f:id:TT_stutter_stammer:20190313181748p:plain

やはり花粉症の酷さも睡眠のクオリティーに左右されると思います。

 

以前筆者が次の日の朝から学校があるのにも関わらず、夜更かしをした時のこと。

 

案の定翌朝は寝坊をし、支度をする時間がなかったので、薬の服用も怠ってしまいました。

 

すると、1日中が地獄

 

  • 睡眠不足⇒免疫力が低下
  • 薬の未摂取⇒花粉の症状を軽減できない

 

睡眠時間は最低でも6時間は確保したいところです。

 

個人的には7時間以上欲しい…。笑



対策③洗濯物の干し方を工夫

f:id:TT_stutter_stammer:20190313182538p:plain

花粉を体内に取り込まないようにする工夫として、洗濯物の干し方がひとつの鍵になります。

 

普段なら、

 

「今日は晴れて洗濯日和!!」

 

「外で天日干しだね!」

 

ですが!!

 

花粉シーズン到来以降に外で天日干しなんてことをしてしまったら、普段着る服や寝る時に使う毛布が花粉まみれになってしまいます…。

 

かと言って、ご家族が多い家庭や部屋に洗濯物を干すスペースが十分にない場合もありますよね?

 

そんな時は、花粉の飛散量が下がる夜中から明け方の時間に洗濯物を干すのがオススメ!!(筆者の家庭はこの方法を使っています)

 

f:id:TT_stutter_stammer:20190313182826p:plain

引用:アレルギー専用鼻炎薬「アレグラFX」

杉も人間と同じように1日の活動サイクルがあるらしいので、それを利用しない手はない!

 

夜中に洗濯物を干して、朝方取り込んで花粉の付着を最小限に抑えましょう!!

 

 

対策④魔法のスプレーを使用

f:id:TT_stutter_stammer:20190311151546p:plain

外出する際に通称『花粉ガードスプレー』を使用して、目や鼻に入って来る花粉をブロックするという方法。

 

筆者は今シーズンからこの花粉ガードスプレーを使い始めました。

 

スポーツ選手と同じで我たち花粉症患者もシーズン入りが重要。

 

詳しくはこちら⇩

www.domoru-tt.com

 

 

対策⑤海外逃亡

f:id:TT_stutter_stammer:20190313184603p:plain

こちらはあまり現実的ではないかもしれませんが、花粉症の対策として一番効果があるものです。

昨年筆者は、花粉シーズンが到来する前から日本を離れて、シーズン中はずっとオーストラリアに滞在していました。

 

花粉を懸念して日本から花粉症用の薬を持って行ったのですが、、、

 

なんと、全く使う機会がありませんでした!!

 

ozvilogger-takako.com

 

ryugaku-chiebukuro.com

上2つの記事には、オーストラリアにも花粉症があると書いてあるのですが、幸い私は花粉症の症状が一切出なかったです。

 

どうやら滞在した時期が丁度花粉が飛散していない期間だったらしい。

 

筆者がたまたまアレルギー反応を起こさない花粉にさらされていた可能性もあるので、一概にオーストラリアに行けば花粉症とはGood Day Mate(グッダイマイト)

 

とは言えませんが…。

 

花粉症が無い地域・国は?国内と海外の花粉状況 世界三大花粉など解説』を参考にすると、台湾は花粉症と縁がないそうです。

 

一番効果的なのは、自分がどの花粉(スギ、ヒノキ、ブタクサ等)にアレルギー反応が出やすいのかをチェックし、それらの飛散時期に合わせて住む場所を転々とすることなのではないでしょうか。

 

ノマドワーカーの方なんかは、この方法で花粉症とおさらば出来る日が来るかもしれません!

 

対策まとめ

1.症状が出る前に薬を飲む

2.良質な睡眠を心掛ける

3.外で洗濯物を干さない

4.花粉ガードスプレーを使う

5.シーズン中は海外に滞在

 

以上の5つを実践して頂いて、少しでも花粉症の症状が軽減されることを祈っています。

 

御一読ありがとうございましたTT