2019年夏、BESTie 『Love Options』に脳をジャックされた話

f:id:TT_stutter_stammer:20190910005852p:plain

Amazonより引用

どうも、最近はず~~っとBESTieさんの『Love Options』に海馬を支配されているTTです。

 

「いや、BESTieのLove Optionsって今更かよ!」

 

と思った方へ。

 

実は、筆者がKpopを本格的に聞き始めたのは時期的にもいわゆる第3次韓流ブームと重なるなので、BESTieさんやAOAさんなど、2010年代前半にデビューしたkpopアイドルに関してはあまり詳しくは知らないのです。

 

それでもせっかくkpopを聞き始め、好きになったので、ひと昔前の曲も含めて色々と聞きたい。。。YoutubeやSpotifyを漁ったり、Twitterのフォロワーさんに少し前のケーポをオススメしてもらったり。

 

ひと昔前の雰囲気を感じるのはとても楽しいし、なぜだか懐かしい気持ちになるのです。

 

先月、筆者の新しいTwitterのフォロワーさんがDal shabetさんやBESTieさんをオススメして下さったので早速Youtubeで聴いてみました。

 

確か、企業の面接後に東京のカフェで一息ついていた時だったかな。。。

 

そこでBESTieさんの何曲かをイヤホンで聞き流していると、ふと、均一なドラムビートがビックリするくらい筆者の頭の中に「スッ」と入り込んできました。

 

「これは来た…。」

 

皆さんも音楽を聴いてるときにたまに直面するであろう運命の瞬間。

 

その日に知ったばかりの、メンバーの名前も顔も全く知らなかったグループの曲に私は心を持っていかれたのです。

 

その時は初めて聞いたにも関わらず「うわ~~、この曲懐かしいぃ~~~」と思ったのですが今でも何故そう思ったのかは分かりませんw

 

ヘリョンさんの「BESTie♡♪♪♪」と共に歌がスタート。冗談抜きで、気付いたらサビらしいパートを通り過ぎ、ここがサビなのかな?と思っていたらいつの間にかトゥルトゥルしていて、、、

 

トゥルトゥルしたかと思うと間髪を入れずにすぐに2番に入る。メロとメロの間も歌の休みはなし。そのスピード間に私は圧倒されました。

 

一回目にトゥルトゥルを聞いたときに完全に虜になった筆者は、次にいつトゥルトゥルが来るのか心待ちにしていました。

 

でも、全然トゥルトゥルしてくれない。やっとの思いでラスサビのトゥルトゥルにたどり着いた頃には曲が終わってしまいました。

 

もう一度トゥルトゥルが聞きたかったのでLove Optionsを再び再生。2回目に聞いたときに強く思ったことは、

 

「いや、そこトゥルトゥルしてくれないんかい!!」

 

曲の流れ的にトゥルトゥル挿入可能区域は2回以上確実にあるはずなのに、それでもなかなかトゥルトゥルしてくれないのです。特に、

 

Hey 저 별로 바라는 거 없어요
(ここ)
내가 연애 못하는 이유 나 혼자 모임에 나가는 이유

 

上の2行の間には確実にトゥルトゥルが入ると思ったので、メンバーが「Hey 저 별로 바라는 거 없어요」と歌い終わった時点で筆者はすぐにトゥルトゥル状態に入れると高を括っていました。

 

ですが、蓋を開けてみれば、決定的なトゥルトゥル挿入可能区域を涼しい顔で通り過ぎていくメンバーがいました。

 

トゥルトゥルを切望している筆者にとってこのように焦らされるのはとても辛い。ただ、その分トゥルトゥルがやってきた時の喜びや感動はひとしおです。

 

なので、待ちに待ったトゥルトゥルが来たときの筆者は心の中でガッツポーズをしながら、

 

「きたぁぁ~~~!!」

 

イメージ的にはサカナクションさんの「夜の踊り子」や「ミュージック」みたいに美味しいところを最後に取っておく感じですね。

 

もちろんトゥルトゥル以外にも良い部分はたくさんあるとは思いますが、そのすべてがトゥルトゥルのために存在すると言っても良いくらいこの『Love Options(연애의 조건)』という曲にはトゥルトゥルという名の光溢れる華があると思います。

 

トゥルトゥル部分の振り付けも覚えやすくマネしやすい、とてもキャッチーなものです。

 

Love Optionsをご存じない方はそろそろトゥルトゥルが何なのか気になってきた頃だと思うのでMVを載せておきますね~~!

 

BESTie(베스티) _ Love Options(연애의 조건)

BESTieさんの『Love Options』が発売されたのは2013年のことなので、筆者は約6年の時を経てこの曲に出会ったことになります。

 

この素晴らしい楽曲に出会うことが出来たのもTwitterのフォロワーさんのおかげですね。

 

今が旬なkpopを聞くのももちろん楽しいですが、こんな風に古き良きkpopを知るのもまた新しい感動がありますね。

 

という訳で今回はBESTieさんの『Love Options』について記事を書いてみました。

 

今から時代を遡って、古き良きkpopをシェアしたいよ~~!なんて方はぜひコメントしていただけると嬉しいです。

 

ご一読ありがとうございました。

 

www.domoru-tt.com

www.domoru-tt.com

www.domoru-tt.com