カテゴリー: TWICE

ドモルブログ:東京ドームで2回ライブメタTWICE

ドモルブログ:東京ドームで2回ライブメタTWICE

を演じたK-POPグループやアーティストの中はデビュー以来最短の期間で有名なスタジアムで演奏した記録。これまでの最短記録は、K-POPグループEXOの3年7ヶ月でした。 

ただし、デビューから3年6ヶ月後に東京ドームでTwiceが出演します。将来、TWICEの記録を超えるグループはありますか? Twiceや東京ドームで演奏した他のアーティストの成功を分析するので、私と一緒に参加してください。

K-POPアーティストの目標

東京ドームでの演奏は、多くのK-POPアーティストにとって大きな名誉です。日本でデビューしたアーティストは、東京ドームの舞台を引き継ぐことを夢見ていると言っても過言ではありません。

公式報道によると、日本の音楽市場は韓国の数十倍の規模であり、東京ドームなどの大規模な会場で成功を収めることができれば、かなりの利益が期待できる。 

東京ドームの最大収容人数は55,000円、平均チケット料金は約1万円。簡単に計算すると、これらを掛けると5億5000万円以上の収入が得られます。 

この知識から、有名なドームで演奏することは、アーティストの夢であるだけでなく、彼らの管理でもあることがわかります。 

東京ドームで演奏した

アーティストの舞台を支配するという夢を実現したK-POPアーティストは次のとおりです。

東方神起東方神起

東方神起はSMエンターテインメントの5人のメンバーからなるグループでした。デビューから約6年7ヶ月で初の東京ドーム公演を行いました。 K-POPの歴史の中で、このグループはドームで開催されるコンサートの数が最も多いです。

メンバーの半数以上がグループを去りましたが、残りの2人は業界に残り、音楽活動を再開しました。 

JYJ 

このグループの東京ドーム公演は、デビューからわずか2年6ヶ月で行われ、デビュー後初のドームコンサートとなりました。しかし、JYJは東方神起の元メンバーで構成されているため、2番目のグループを形成する前にすでに業界で名を馳せています。

ビッグバン

このグループは4人のメンバーで構成され、K-POPの歴史の中で最も影響力のある行為の1つと見なされています。業界の最前線にいる彼らは、ステージでの存在感、制作の創造性、音楽の実験により、K-POPの多くのグループやアーティストにインスピレーションを与えてきました。

ビッグバンは何年にもわたって大成功を収めてきましたが、彼らの最初の東京ドーム公演はデビューから6年と数ヶ月後のことでした。

スーパージュニア

は「韓流の王様」と呼ばれ、ピーク時には13人のメンバーで構成されていました。このグループはキャリアの中で数々の賞を受賞しており、9人のメンバーからなるグループとしてファンを感動させ続けています。 

メンバーは、ホスティング、演技、プレゼンテーションなど、エンターテインメント業界のさまざまな部門に分かれています。しかし、残りのメンバーは、彼らの支持するファンに支えられて、業界で繁栄し続けています。

スーパージュニアは、デビューから6年6ヶ月後に東京ドームで初公演を行いました。

2 PMは

JYPエンターテイメントの下に形成された、2 PMはもともと元メンバーとリーダーJaebeomは2010年初めに残っまで7人のメンバーで構成されていました 

グループはそのピーク年の間に商業的成功を経験して、新しいリリースやライブパフォーマンスを通じて、日本の観客にその範囲を拡張しました。デビューから4年7ヶ月後、午後2時から初めて東京ドーム公演が行われました。

Kara

Karaは4人のメンバーからなるグループとして始まり、残りのメンバーは2、3年後に追加されました。グループはこの頃、2009年にリリースされ、その最初のナンバーワン曲「ハニー」を介して成功に彼らの旅を始めた、彼らは有名人のリストに順位高を開始し、2010年、韓国で2番目に最高のガールグループと見なされていました

中に彼らの成功を収めて全国のオーディエンスであるカラは、2010年に日本を宣伝し始め、オリコンによる2010年の日本一のルーキーアーティストを含む、デビューで数々の賞を受賞しました。デビューから約5年10ヶ月、プライム期間中、東京ドームで公演を行いました。

SHINee

元々は5人のグループでしたが、SHINeeは複数の賞を受賞し、業界で商業的に成功したことから、「PrincesofK-pop」と名付けられました。彼らは、複雑なルーチンにもかかわらず、優れたライブボーカルと完全に同期したダンスパフォーマンスで知られています。

SHINeeは、Mnet Asian MusicAwardsで3年連続でBestDancePerformance賞を受賞しています。彼らが全国的なシーンで成功を収めると、グループは日本で宣伝を続けました。東京ドームでの初公演は、デビューから6年10ヶ月。

Exo

Exoは、韓国と中国の視聴者に対応するために2つのサブユニットに分割された12人のメンバーのグループとして始まりました。このグループはファーストアルバムのリリース後に商業的成功を収め、キャリアを通じて賞を獲得し続けています。

このグループは、国内市場と国際市場の両方で好評を博し、多くのメディアから業界最大のボーイバンドの1つに選ばれました。デビューからわずか3年7ヶ月の東京ドームでの公演は、海外で最速の男性アーティストとされています。

G-Dragon

G-Dragonは、世界で最も売れているグループの1つであるYGエンターテインメントのBigBangのリーダーとして知られています。彼はグループのメンバーとして、そしてソロアーティストとしてのキャリアの両方で成功したミュージシャンです。 

ビッグバンでの彼の日々以来、G-DragonはK-pop業界の他のアーティストに大きな影響とインスピレーションを与えてきました。 2016年、彼はフォーブスのアジアのエンターテインメント部門で30歳未満の最も影響力のある人物の1人に選ばれました。

G-Dragonはまた、東京ドームを含む日本のドームアリーナでパフォーマンスを行った最初の韓国のソロアーティストです。

BTS

クリエイティブなアウトプットのほとんどを生み出すことで知られるBTSは、7人のメンバーで構成され、もともとヒップホップグループとして紹介されました。何年にもわたって、彼らは、とりわけ、若さ、喪失、メンタルヘルスに関するトピックに触れる歌詞と組み合わせて、さまざまな音楽スタイルを探求してきました。

BTSは2013年にデビューしましたが、グループが2枚目のスタジオアルバム「Wings」を通じて大成功を収めたのは206年のことでした。この後、グループは国内外の音楽シーンを支配し始めました。 

彼らは、米国のビルボード200を上回った最初の韓国の行為であり、アルバムのプラチナ認証を取得し、米国で多数のスタジアムを売り切るなど、業界で数多くの記録を破りました。 

業界でのTwiceの成功

事実を明らかにすると、Twiceが東京ドームで演奏するのに最短の期間を要したことがわかります。平均して、K-POPアイドルはデビューから約5年と4年を費やしてからドームでパフォーマンスを行います。

しかし、TWICEはほとんどのグループより2年早くこれを行うことができ、業界での成功の重みを証明しました。 TWICEのドームツアー2019ドリームデイで、グループはスタジアムで2日間演奏しました。チケット売り上げだけでも約10億円の売り上げが見込まれます。 

Twiceの記録を破る可能性のあるグループ

業界は競争が続く中、アーティストは音楽やパフォーマンスを通じてファンの期待を超えるために一生懸命働いています。東京ドームで公演を行う最速のグループとして、Twiceの記録を破る可能性のあるグループのリストを作成しました。

Tomorrow x Together(TXT)

Big HitEntertainmentとして知られるBTSと同じレーベルで結成されたTomorrowx Togetherは、2019年にデビューしました。この数か月後、ソーシャルメディアアカウントにすでに100万人以上のフォロワーが集まっています。 

デビューから1年後、彼らはルーキーオブザイヤー賞を受賞し、非の打ちどころのないダンスルーチンとライブパフォーマンスで賞賛されています。

Itzy新進

Twiceと同じレーベルのグループであるItzyは、デビュー直後に人気を博し、アルバムのリリースごとに人気を博し続けています。このグループは、さまざまな音楽スタイルの力強いボーカルと、複雑なダンスルーチンで知られています。

Iz * one

デビュー前から、業界での才能と可能性を披露するさまざまなオーディションプログラムを通じて、このグループはすでに幅広い支持を得ています。 

Blackpink

Blackpinkは、そのパワフルなパフォーマンスと明るい音楽で国内外の聴衆に広く認められている4人のメンバーからなるグループです。このグループは数百万枚のアルバムを販売し、日本の京セラドームで演奏しました。

【TWICEが史上最速で東京ドーム公演】TWICEを超えるK-POPグループは現れるのか?

View this post on Instagram TWICEさん(@twicetagram)がシェアした投稿 – 2019年 3月月20日午前1時51分PDT TWICEの、JAPAN 3rdシングル「Wake Me Up」(5月16日発売)は、日本レコード協会のゴールドディスク認定において、累計正味出荷枚数50万枚を突破…

K-POPアイドルのVLIVEフォロワー数ランキング&チャンネル開設日を徹底解説!2019/3/26付け

引用:V LIVEについて Vliveとは? ‘V’は、セレブたちのLIVE映像やVOD映像をモバイルで楽しむアプリです。好きなセレブをフォローし、セレブの映像にコメントをつけたり、’ハート’をつけて応援することができます。 Google Play Storeアプリ説明より引用 簡…

【おエロい】18禁韓国映画『お嬢さん』が魅せる芸術的エロティシズムの世界

どうもTT(@domoru_tt)です。 皆さん映画はお好きですか? 残念ながら筆者の答えはNO なぜかと言うと、映画って見る前に尋常じゃないくらい心構えが必要だと思うんですよ。 「今からこの映画に2時間とられるのか。」 「家のテレビでゆっくり観たい。」 こん…

Theme: Overlay by Kaira Extra Text
2021 Domoru_tt's Blog All rights reserved.