Domoruブログ:KPopのブランディング、ロゴ、ファンダム

Domoruブログへようこそ!今日のエントリーでは、Kpopグループのクリエイティブなブランディングとそのロゴとファンダムについてお話します。特定のオーディエンスをターゲットにするために、グループとそれらが人々に表される方法を比較するのは興味深いことです。

これにより、音楽、ダンス、その他の芸術作品におけるアーティストの個性と創造性を垣間見ることができます。

ブランディング

さまざまなK-Popグループを見て、彼らのブランディング力が、グループを業界でアクティブに保つための最も重要な要素の1つであることに気付きました。 

第一世代から現在までのさまざまなグループを探索してみてください。優れたブランディングを持つグループは、多くの場合成功したアーティストであることがわかります。韓流を始めたグループやメンバーの中には、今でも大衆に人気があるものもあります。 

ただし、メンバーの個性や年齢に応じて、グループのコンセプトを本来の意図に沿ったものにすることが重要だと思います。このように、メンバーの性格と行動は強制されているようには見えません。 

ロゴロゴ

は、グループの個性を表現し、業界の他のすべてのグループの中で自分たちの名前を作る上で重要な役割を果たします。

私のお気に入りのロゴの1つは、グループEXOのロゴです。各文字はコンパクトに統合されているため、ロゴがグループに属していることが一目でわかります。面白いのは、ニューアルバムをリリースするたびにロゴが少しずつ変わることです。

彼らのアルバムカバーを見ると、彼らが最初にデビューしたときに使用したロゴが、現在のアルバムのコンセプトに一致するように何年にもわたって変更されていることがわかります。 

その中には、メンバーの魅力にとらわれ、状況から抜け出せないというコンセプトを表現した迷路のようなデザインが特徴の2014年のアルバム「Overdose」があります。

EXOは、ロゴ作成の目的を、グループとその音楽を聴衆に提示する方法として利用することができました。私の注意を引いた他の人気のあるグループロゴは、Blackpink、Seventeen、Twiceです。 

ファンダム 

K-POP業界では、ファンダムとは特定のK-POPグループまたはアーティストをサポートするファンのグループを指します。

各ファンダムには、特定のファンダム名が割り当てられています。ある意味、ファンダムの名前を持つことは、ファンに帰属意識と連帯感を与えます。これにより、さまざまなグループの他のすべてのファンの間で簡単に識別できます。

たとえば、Twiceのファンダム名は「Once」、「NCTzen」はNCT、「Blink」はBlackpinkです。これらの名前は、ファンをグループに関連付けるための単なるランダムな単語ではありません。代わりに、彼らはファンだけに固有の意味を持っています。 

このグループ名とK-POPのファンダムとの関連は、業界で最も強力なブランディングと見なすことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Theme: Overlay by Kaira Extra Text
2021 Domoru_tt's Blog All rights reserved.